家賃が高いとスーパーの買い物も高いのがネック

住んでいるワンルームマンションについてのお話をします。

そのマンションに住むことになったのは、転職で東京に行くことになったからです。会社の寮もなく、自分で住まいを探すことになりました。

しかし、一度も済んだことのない地域だったため、土地勘がなくて困りました。そこで、東京に住んでいる友人に不動産仲介業者さんを紹介してもらい、マンションの写真などをメールで送ってもらい相談しました。

当時の家の希望は、東京の地下鉄は複雑で乗り換えがあると混乱しそうだったので、職場があった三田線沿線であること。あと、駅に近ければ、仕事帰りに暗闇の路地を一人で歩いて帰るという危険なことがないかなと思い、駅から徒歩5分以内であることでした。

で、最終的に選んだ家は職場から近すぎず遠すぎず(通勤にドアtoドアで30分以内)で白金高輪駅の近くにしました。駅から徒歩一分のところです。

広さは30平米でしたが、場所が場所なので家賃は約17万円くらいしました。

住んでみて思ったのは、駅近は便利だな、ということ。全く住んだことのない土地で、方向音痴の私でも道に迷うことなく帰ることができるし、突然の雨でも濡れない。駅の周辺にはコンビニやスーパーがあったので、生活面でも助かりました。

しかし、白金高輪駅の駅近だったので、ワンルームなのに家賃が高くて。それはかなりネックでした。あと、スーパーで売られているものもいちいち高い!外食しようにも家の近くには高いお店しかなくて。

なので次回の家選びは、よっぽど暗い所を通らないなら少し駅から遠くでもいいので、家賃を安く、かつ、間取りは広くしたいです。あと、もうちょっと庶民的な空気のあるところが好きなのでそういう所にしたいです。

白金高輪駅は南北線と三田線が通っていて、当時の職場にはアクセスが良かったのですが、休日に遊びに行くときには、あまり便利ではありませんでした。どうせなら、一本で銀座や新宿に行ける路線に住みたいなと思っています。

Comments

コメントを残す

Your email address will not be published. Name and email are required